FC2ブログ

「私は」って言っていいんだ!〜キャリア・インタビュー第5弾

2018.08.08 18:00|キャリアインタビュー
富岡恵さん写真


もっとも自分を活かせる場所で
生き生きと才能を発揮して
存分に歓びを感じながら生きたい!

という想いを抱いて仕事と働き方を
変化させ、今、輝きを放って
活動されている方をゲストにお招き
し、望む生き方・働き方へとシフト
するためのヒントを伺う
キャリア・インタビュー企画♪

第5回にご登場くださるのは、

英語パーソナルトレーナー
文筆家
講師

という3つの肩書きを持つ
メグリッシュ こと、富岡 恵さんです♪

富岡 恵さんのキャリア・インタビューはこちら
(前半・後半それぞれお楽しみください♪)

英語が大好き!オーラを、常日頃から、
全身で発信されているメグリッシュさん。
ここまで英語好きな人には出会ったこと
ないかも!?というレベル感なので、
そこまで「好き」なことを仕事にされて
いるって素敵だなーと、活躍されている
お姿を眩しく拝見していたのですが・・

今回、お話を伺って、その背景に、幼い
頃に身を置かれていたご環境の影響など、
とても深い理由があったことを知ること
ができました。

家で気を遣いすぎて学校ではグッタリ
していたという子供時代を経て、英語に
出会ったことをきっかけに人生を切り
開いている途上にご実家の家業が倒産、
大学を休学して学費と、ご両親の分も
含めた生活費を稼ぐという選択をされ、
突然襲った環境の激変に立ち向かわれた
メグリッシュさん。

その後、寺子屋のようなお教室での
お弟子さん修行を経て就職した会社員
時代には、20代にして介護との両立と
いう難題にも直面されます。

人生の早い時期に幾多のご経験をされた
メグリッシュさんのお話は、キャリア
のみならず、人生のさまざまな局面を
どのように乗り越えていくか?という点
においても、私たちに多くの示唆を
与えてくれます。

次々と現れるチャレンジを乗り越えて、
今現在の自分らしいスタイルを確立
されたメグリッシュさんのインタビュー
を、今回と次回の2度にわたって
お届けいたします。

内容はディープながら、楽しさが弾ける
メグリッシュトーク、そのコントラスト
も見事です^^ 富岡 恵さんの貴重なお話、
ぜひ、お楽しみください♪



キャリアインタビューは、メールマガジン
で定期的に配信させていただいています。
よかったらご登録くださいね^^
メールマガジンご登録はこちら


#英語パーソナルトレーナー #文筆家 #講師 #富岡 恵 #メグリッシュ
スポンサーサイト



94歳*第一線で活躍する女性講師

2018.08.04 18:50|感動
ミニ 94歳の先生と

先日、94歳で今なお第一線でご活躍中
でいらっしゃる研修業界のレジェンド、
梅島みよ様の講演を聞きに行って参り
ました!

正直、お姿をこの目で拝見するまで、
どんな感じで登場されるのだろう・・
とイメージが湧かなかったのですが。。

お御足こそ悪くされているとはいえ、
登壇上の立ち姿は、背筋がスッと伸び、
しっかりとよく通るお声で滑舌もはっきり。

さまざまなエピソードに登場する人の
名前も組織などの名称も細かく覚えて
いらっしゃり、楽しくも含蓄あるお話
に引き込まれるうちに、あっという間
に1時間が経っていました。

梅島先生が教えてくださったことの
ひとつが、3つの『あ』

「焦らない」
「慌てない」
「諦めない」

やりたいことがあっても、そんなに
スムーズにうまくいくもんじゃない。
「まだ考えてたの?」と言われるくらい、
執念深く、諦めないこと!
それが成功の秘訣だそうです^^

芯が一本、スッと通っていらっしゃる
感じで、何はともあれ、私の中にある、
94歳の女性のイメージは、これまでとは
明らかに変わりました(笑)
百聞は一見にしかず。

これまでの自分の想像を超える人を目の
当たりにすることほど、それまで自分の
中に持っていたイメージを、一瞬にして
ガラリと書き換えるものはないと思います。

日本人大リーガーが爆発的に増えたのは、
野茂選手が「日本選手も大リーグで十分に
戦える!」ということを見せたからだし、
日本人スケーターが世界の舞台で当たり前
のように優勝争いに加わるようになった
きっかけは、おそらく、荒川静香選手が
オリンピックで優勝したから。

あぁ、こういうのアリなんだ!
→ こうなっていいんだー!
→ なれるんだ!

観た人の頭の中の限界値が書き換わった
結果なのだと思っています。

さて、94歳のイメージが書き換わった私
や、この話を共有してくださった$__sei__$さん
の人生がどのように展開して行くのか?
未知の未来が楽しみです^^
| 2018.08 |
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

yukikosato☆

Author:yukikosato☆
 はじめまして。
 本来の自分を生きたいあなたを応援する、ハピネス・プロセス案内人♪人生の転機応援ナビゲーターの佐藤 由紀子です。

 何かを変えたい、自分の可能性を試したい、もっと成長したい!
そう思うことはありませんか?

 私はセミナー・コンサルティング・個別セッション・ワークショップ等を通じて、自分らしさを発揮しありたい自分を生きたいと願う人が、望む人生を実現するのを応援しています。なぜ、この仕事を始めたかといいますと・・・元々、社会人となって20年余り、ホスピタリティと人材開発の分野でキャリアを積み、人の可能性を信じてきました。しかし、私が初めて本当に、人が本来もっている力の偉大さを感じたのは、進行がんの宣告を受け、治療を受けているときでした。

 進行がんの治療で抗がん剤を投与する選択をしました。抗がん剤は、正常な細胞にとっては、毒・・それも、一気に大打撃を受けてしまう猛毒です。何度も投与されると、細胞そのものが弱ってきてしまい、だんだんと、数が増えてくるスピードが遅くなってきます。そうなると、生命を維持するのに欠かせない内蔵の機能を守る為に、身体の末端である手足の神経を麻痺させてでも、細胞は命を存続しようと努めます。そんな状況になっても、さらに時間がかかるようになっても、白血球の数は必ずまた増えてくる・・・。

 人間だったら、何度がんばって戻しても、また叩きのめされてやられてしまう・・・となったら、そのうち嫌になってあきらめてしまうでしょうし、動物だって何度か経験して学習したらあきらめてやらなくなってしまうでしょう。ですが、細胞は違うのです。細胞は、決して、あきらめるということがありません。細胞は、私が死ぬ瞬間まで、全力で修復に向かう、最後の一瞬まで私の味方なのだ、と痛感しました。この経験を経て、人間の細胞の凄さを体感し、その計り知れない存在に畏敬の念を抱くとともに、人が本来もっている力と可能性が無限であることを確信しました。



 この体験は、それまでの生き方を全否定し、自分はいったい何をしていたのだろう・・という、自己否定と自分を責める気持ちばかりが溢れていた私に勇気をくれました。もちろん一度崩れたアイデンティティーが戻るまで、非常に不安定な状態が長く続きましたが、その後、2年間の療養生活を送りながら、自分自身を見つめ直し、内面を探る作業を続けた結果、これまでの価値観とは大きく異なるものの見方、考え方を自分の中に取り入れ、実践することができるようになりました。

 人生は、実は、すごくシンプルにできているのだと思います。心から望むことの実現は誰にでもできます。自分が思っているよりも、細胞レベルではもっともっと素晴らしい可能性に満ちあふれています。こうした気づきへの学びを深めることに自らも精進しつつ、”本当のあなたはもっと凄い!”を伝え、心から望む人生、ありたい自分、を生きたい!と願う人のサポートをさせていただくことに歓びを感じています。





◇ 将来の夢

 自然の中に住み、毎日、朝日と夕日を拝んで1日をリセットしながら暮らすこと♪

 魂に響くコト、モノを提供できるようになること♪

 その人ならではの輝きを発している人の姿と想いを数多く記録し、多くの人に届けること♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ