FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その“当たり前”、本当ですか? 〜常識と自分軸〜

2018.05.28 18:00|感じたこと、考えたこと
ここのところ、アメフトの試合で
起こった悪質なタックル事件が、
テレビや新聞で報道されて関心を
非常に集めていますね。

先日、加害者である選手が顔も
名前も公にして謝罪をしたことで、
さらに多くの人がさまざまなコメン
トをするような状況になっています。

今日は、この事件に関連して考えた
ことをお伝えしたいと思います。

お話したいのは、彼がしてしまった
ことや監督やコーチの態度について
どう思うか、ということではなく、
彼の感覚や考えの変遷から感じたことです。

この選手が、意図的に他の大学の
選手に怪我をさせたという事実は、
もちろん許されることではないです
し、彼の人生からも消すことはでき
ません。本人も述べている通り、
監督やコーチの指示があったにせよ、
最終的にやると決めたのは本人なの
で、そこは逃れる余地はないという
のも、その通りだと思います。 

ただ、実は、この選手は、監督や
コーチからこうした指示内容を受け
ることに対して、少なくともそれを
聞いた時には、私たちが同じ内容を
聞いて感じるような「それは絶対に
あってはならない、あり得ないこと
でしょ」という感覚を、そこまで
持っていなかったのではないか?と
いう気がするのです。試合から外され、
練習にも出してもらえないという状況
に陥った自分自身の至らなさの方を、
むしろ責めていた可能性もあります。

これはあくまで推論に過ぎませんが、
報道されている監督やコーチの言葉
が、今回だけ特別に発せられたとは
思えない・・ こうしたことは、
これまでも言われていたのではない
か?と感じたのは、私だけではない
のではないでしょうか。

もし、事実だとしたら本当に残念な
ことではありますが、この選手が
所属していた大学のアメフト部では、
そうしたことは、ひょっとしたら
“普通”だったり“たまに”(
“よく”ではないことを祈りますが)
あることだったのかもしれません。

そうなると、その中で日常を過ごし
ている人にとっては、いつしかそれ
が“当たり前”になってしまい、
「それはおかしい」と感じる感度が
とても低くなってしまいます。

今回の事件は、内容が人に怪我を
させるという激しいものだったので、
別世界のように感じがちですが、
実は、こうした感覚の麻痺は、
私たちの日常でも、そこここに
見られることだと思うのです。

例えば会社もそうですね。私自身、
5つの会社に正社員として勤めた
経験から、会社によって風土は
もちろん、“普通”や“当たり前”
も全く異なるということを肌で
感じましたし、現在も、研修で
異なる企業にお邪魔させていただく
中で感じます。

ある会社での“普通”や“当たり前”は、
別の会社では、全くそうではない、
ということは珍しくありません。
でも、中にいる人が、そのことに
気づかないこともまた、珍しくないのです。

実は、この“当たり前”“常識”
ということに関して、私は、社会人
になって1年ほどたった頃に強烈な
体験をしたことがあります。

当時は航空会社で国際線を飛んで
いましたので、機内にいる時間が
結構長かったんです。時間が長いと
いろいろなことが起こるもので・・^^;

ある時、お客様の間でトラブルが
起こり、6人くらいで言い合いが
起こったことがあったのです。
他のお客様もいらっしゃるので、
ひとまず、ギャレーと呼ばれる
サービス準備をする場所に、
お一人ずついらしていただいて
お話を伺うことにしました。

それで、それぞれの方の言い分を
聞かせていただいたのですが、
6人全員が、異なる見解に基づいた
主張をされていて、全く相容れない
状態でした。そんな中、実は、
たった一つだけ、共通していること
があったのです!!

とうとうとお話された最後に
「だって常識だろっ」という決め
台詞で締めくくられた点だけは、
全員共通でした(笑) 6人から
その言葉を聞いて、私は、“ああ、
この世に共通の常識なんてものは
ないんだな、人々がいう常識という
のは、その人がそれまで生きてきた
環境の中では、多くの人がそう考え
ていた、ということにすぎないのだ”
と、思いました。

その思いは今でも変わりません^^

“普通”“当たり前”と自分が感じ
ることに対して、“本当にそうなの
か?”という視点を、常にもって
おくことは、とても大切だと思い
ます。なぜなら、その“普通”や
“当たり前”は、たまたま自分が
身を置いている環境ではそうだ、
というだけとことも多くあります
から。

ここで再び話を、件の選手に戻すと、
彼は、タックルをしてベンチに戻った
直後に、大変なことをしてしまったと
気づいて泣いたと言っています。
おそらく、この時に彼は、我に返った
のではないでしょうか。

その思いを監督やコーチに伝えて
返ってきた反応に彼は納得できず、
最終的に顔も名前も公に出して謝罪
をするという選択をしました。自分
はどういう人間として生きるのか?
どういう人でありたいのか?につい
て、考えた結果が、その選択だった
のだと思います。

この、自分はどういう人として
生きたいのか?大切にしたい軸は
なんなのか?をしっかり考えること
は、誰かに言われた通り、あるいは、
なんとなく、それでいいんだと思い
こんでいる人生を生きるのではなく、
主体的に人生の舵をとって生きたい
と望んでいるのなら、欠かすことの
できないとても大事なステップだと
感じています。

前半でお話しさせていただいた、
今の自分にとっての“普通”
“当たり前”って本当にそうなの?
という視点を持つこと、そして、
自分はどんな人間として生きたい
のか?大切にしたい軸はなんなの
か?をしっかり考えること、の
2つは、キャリアと人生を考える
上でも、実は、とても大切な
ポイントです。

今後はどの方向に向かいたいか?
と、キャリアと人生について考え
る際には、自分はどんな人間と
して生きたいのか?大切にしたい
軸はなんなのか?をしっかり考え
ることが、ベストの選択をする
ためには欠かせません。

一方で、ともすれば、望む方向へ
と舵を切ることにブレーキをかけ
るのが、今現在、自分が置かれて
いる環境での“普通”や“当たり
前”、“常識”と思いこんでいる
考え方だったりします。その時に、
それって本当にそうなんだろうか?
という視点を持つことが、自ら
かけているブレーキを緩め、望む
方向へと一歩を踏み出すことに
繋がってもいくのです♪



メールマガジンを定期的に配信させていただいています。
よかったらご登録ください^^
→ http://bit.ly/2wIhBpW
| 2019.01 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

yukikosato☆

Author:yukikosato☆
 はじめまして。
 本来の自分を生きたいあなたを応援する、ハピネス・プロセス案内人♪人生の転機応援ナビゲーターの佐藤 由紀子です。

 何かを変えたい、自分の可能性を試したい、もっと成長したい!
そう思うことはありませんか?

 私はセミナー・コンサルティング・個別セッション・ワークショップ等を通じて、自分らしさを発揮しありたい自分を生きたいと願う人が、望む人生を実現するのを応援しています。なぜ、この仕事を始めたかといいますと・・・元々、社会人となって20年余り、ホスピタリティと人材開発の分野でキャリアを積み、人の可能性を信じてきました。しかし、私が初めて本当に、人が本来もっている力の偉大さを感じたのは、進行がんの宣告を受け、治療を受けているときでした。

 進行がんの治療で抗がん剤を投与する選択をしました。抗がん剤は、正常な細胞にとっては、毒・・それも、一気に大打撃を受けてしまう猛毒です。何度も投与されると、細胞そのものが弱ってきてしまい、だんだんと、数が増えてくるスピードが遅くなってきます。そうなると、生命を維持するのに欠かせない内蔵の機能を守る為に、身体の末端である手足の神経を麻痺させてでも、細胞は命を存続しようと努めます。そんな状況になっても、さらに時間がかかるようになっても、白血球の数は必ずまた増えてくる・・・。

 人間だったら、何度がんばって戻しても、また叩きのめされてやられてしまう・・・となったら、そのうち嫌になってあきらめてしまうでしょうし、動物だって何度か経験して学習したらあきらめてやらなくなってしまうでしょう。ですが、細胞は違うのです。細胞は、決して、あきらめるということがありません。細胞は、私が死ぬ瞬間まで、全力で修復に向かう、最後の一瞬まで私の味方なのだ、と痛感しました。この経験を経て、人間の細胞の凄さを体感し、その計り知れない存在に畏敬の念を抱くとともに、人が本来もっている力と可能性が無限であることを確信しました。



 この体験は、それまでの生き方を全否定し、自分はいったい何をしていたのだろう・・という、自己否定と自分を責める気持ちばかりが溢れていた私に勇気をくれました。もちろん一度崩れたアイデンティティーが戻るまで、非常に不安定な状態が長く続きましたが、その後、2年間の療養生活を送りながら、自分自身を見つめ直し、内面を探る作業を続けた結果、これまでの価値観とは大きく異なるものの見方、考え方を自分の中に取り入れ、実践することができるようになりました。

 人生は、実は、すごくシンプルにできているのだと思います。心から望むことの実現は誰にでもできます。自分が思っているよりも、細胞レベルではもっともっと素晴らしい可能性に満ちあふれています。こうした気づきへの学びを深めることに自らも精進しつつ、”本当のあなたはもっと凄い!”を伝え、心から望む人生、ありたい自分、を生きたい!と願う人のサポートをさせていただくことに歓びを感じています。





◇ 将来の夢

 自然の中に住み、毎日、朝日と夕日を拝んで1日をリセットしながら暮らすこと♪

 魂に響くコト、モノを提供できるようになること♪

 その人ならではの輝きを発している人の姿と想いを数多く記録し、多くの人に届けること♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。