FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年の時を経て

2012.05.27 17:53|感謝
dokomademo

先週、格別に嬉しいことがあった。
その前の週末に、ハワイからいらしたヴォイスヒーラーのAshanaさんのクリスタルボウル・ワークショップ(マインドをリラックス&肉体を活性化させて神経の流れをスムーズにし、自身のエネルギーを高い波動に切り換えて行くためのクリスタルボールの使い方を学ぶという内容でした♪)で出逢った方が、以前お世話になった職場と関係の深い会社にお勤めでいらっしゃることがわかったことから、懐かしいお名前が次々にあがって盛り上がり・・ 
翌月曜日、その方が、職場で隣に座っていらっしゃる方(盛り上がっているときには、その方のお名前はあがっていませんでした)にそのお話をしてくださったそう。

すると・・会社(当時、私がお世話になっていた会社の親会社にあたる)のキャリアカウンセラーでもあられたその方が、私が次に移った会社の名前とともにフルネームで私の名前を記憶してくださっていて、すらすらと私のことを回想してくださったというのだ。当時、その親会社の社員の方々のための教育部門が人事部門から切り離されて小会社化した組織に勤務させていただいていたため、人事に関わる親会社の方々とはお仕事を通じてさまざまに関わらせていただいていたものの、その方とは仕事上の直接のつながりはなかった。ただ、小会社で働く私たちに対してもとても親切に接してくださったので、何度かお話を聴かせていただいたり、逆に聴いていただいたりしたことがあった。

その方が、「〇〇(当時私がお世話になっていた会社)は素晴らしい人材を活かすことができなかったよ」とおっしゃってくださったと伺い・・ 当時、そのときの自分の持てる力を使って精一杯がんばったものの、特に評価もされなかったし(具体的に処遇が大きく変わることはなかったので)認めてもらうところまでいけなかった、という記憶〜〜巨大組織の制度を超えるレベルの仕事をするんだ!!という意識で取り組んでいたもののそこまで至らなかった自分の力不足を痛感させられる苦い思い出として残っているあの当時の記憶が・・  その一言で一変した。そうか、そんな風にみてくださっていたのか。。素直に嬉しかった。とても。

さらに、他の方からのコメントもあわせて伝え聞くうちに、そうか、ちゃんとみてくださっている方はいたんだ。。(しかも社外に^^) その時点ではかたちになって返ってくるものはほとんどなかったとしても、誠意をもって真剣に取り組んでいる姿を、ちゃんと人はみてくれているものなんだ、と実感した。そのことに気づいたら・・そこでお仕事をさせていただいていた4年あまりの月日が、これまでとは違った色あいの記憶として蘇ってくるような気がした。

転職すると伝えたとき、引き止められることがなかったのも、むしろその方が私にとってよいと祝福してくださったからだったのだ、と今、あらためて思う。当時の関係性の中では、立場上言えなかったこともあっただろう。それは、逆の立場になってみればよくわかる。私の中に頑になっていた部分があったために感じ取ることができなかったことも多かったかもしれない。自分がかけた色メガネや無意識に心の中にたててしまった見えない壁によって、みえる世界を自ら狭くしてしまうこともあるから・・・

今思えば、当時の私は、制度や文化という巨大な化け物に果敢に挑んでいたのかもしれない。それをも動かせるレベルの働きをしたかったのだけれど、残念ながら毎回力不足を痛感させられ、制度や文化のひずみから生まれる矛盾に対する怒りやわかってもらえない悲しさを上手く処理できず抱え込んで、心の奥底では孤立感がどんどん強まっていったような気がする。やりきれない思いに押しつぶされて奈落の底に落ちていってしまいそうになる自分を励まし奮い立たせることに、毎日多大なエネルギーを使うようになって・・ このままではダメになる、という危機感から、転職して再びマネジメントに携わろう!と決意した(新しいプロジェクトに取り組み、それなりに大きな成果を出せた、と感じた後にね。そこは踏ん張りました^。^)という経緯があった当時だったけれど、そんな風に私をみていてくださる方々と出逢えたこと、その中でお仕事をさせていただいたことを、今は心から有り難いと感じる。

10年たって初めてわかることもある。え?そんなにかかるの、私だけ・・?(笑)

10年といえば・・ 土曜日は、ファシリテーター養成講座(by アトリエワイエス)の1日目だったのだが、この”ファシリテーション”というものについて初めて学んだのがちょうど10年前だった。私がファシリテーターという存在を初めて知ったのはそこからさらに遡ること2年、2000年にサンフランシスコで Japan-US Community Education & ExchangeというNPOのインターンをしているときだったのだけど、すでに米国では、重要な会議をするときに社外からプロのファシリテーターを呼ぶことが普通になっている感じだった。

それから2年後、帰国した日本において、上記の会社で仕事を通じてご縁をいただいた、アメリカでコンサルタントとして活躍された方からファシリテーションについて初めて学ぶ機会をいただいた。その後、ヨーロッパでプロのファシリテーターとして活躍されている方から個人的にお話を伺う機会をいただいたり、転職した先の会社でもさらに学ばせていただく機会があったり、さらには実際に教育の場でファシリテーションをおこなう機会もあったりして、ずっと学びを続けている感じはあるのだけれど、今回の講座ではこれまでとは違った部分についても深く学ばせていただける感触を得ている。

それは・・ スキルや基本的な心構え等を超えた根源的な部分。つまるところ、「自分とは誰か?」という自分のあり方への問いに帰っていく、ということ。真に自己一致した状態であり続けることこそが、参加される方々をオープンな状態に導き、その時その場に最も適した言動を生み出すことにつながるのだ、という吉田エリさん(アトリエワイエス主催者)の信念ともいうべきこのお考えに深く共感するとともに、これからの数ヶ月間の中で(短い合宿と長い合宿が予定されているの^0^)どれだけ多くの気づきと学びを得ることができるだろう・・?と、期待に胸がふくらむ☆

すべては、自己一致した本来の自分自身であること、ということに尽きるのだなぁ。。

そんな生き方をサポートしてくれる一助となるワークショップを、自分でも開催してみることにしました。
ソース発見編ワークショップ♪8月4日(土)&5日(日)に開催予定です。ご興味をもってくださった方はこちらへ*
”ありのままの自己”へと向かう旅路を歩んでみよう!と思われた方、お待ちしています☆
| 2019.04 |
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

yukikosato☆

Author:yukikosato☆
 はじめまして。
 本来の自分を生きたいあなたを応援する、ハピネス・プロセス案内人♪人生の転機応援ナビゲーターの佐藤 由紀子です。

 何かを変えたい、自分の可能性を試したい、もっと成長したい!
そう思うことはありませんか?

 私はセミナー・コンサルティング・個別セッション・ワークショップ等を通じて、自分らしさを発揮しありたい自分を生きたいと願う人が、望む人生を実現するのを応援しています。なぜ、この仕事を始めたかといいますと・・・元々、社会人となって20年余り、ホスピタリティと人材開発の分野でキャリアを積み、人の可能性を信じてきました。しかし、私が初めて本当に、人が本来もっている力の偉大さを感じたのは、進行がんの宣告を受け、治療を受けているときでした。

 進行がんの治療で抗がん剤を投与する選択をしました。抗がん剤は、正常な細胞にとっては、毒・・それも、一気に大打撃を受けてしまう猛毒です。何度も投与されると、細胞そのものが弱ってきてしまい、だんだんと、数が増えてくるスピードが遅くなってきます。そうなると、生命を維持するのに欠かせない内蔵の機能を守る為に、身体の末端である手足の神経を麻痺させてでも、細胞は命を存続しようと努めます。そんな状況になっても、さらに時間がかかるようになっても、白血球の数は必ずまた増えてくる・・・。

 人間だったら、何度がんばって戻しても、また叩きのめされてやられてしまう・・・となったら、そのうち嫌になってあきらめてしまうでしょうし、動物だって何度か経験して学習したらあきらめてやらなくなってしまうでしょう。ですが、細胞は違うのです。細胞は、決して、あきらめるということがありません。細胞は、私が死ぬ瞬間まで、全力で修復に向かう、最後の一瞬まで私の味方なのだ、と痛感しました。この経験を経て、人間の細胞の凄さを体感し、その計り知れない存在に畏敬の念を抱くとともに、人が本来もっている力と可能性が無限であることを確信しました。



 この体験は、それまでの生き方を全否定し、自分はいったい何をしていたのだろう・・という、自己否定と自分を責める気持ちばかりが溢れていた私に勇気をくれました。もちろん一度崩れたアイデンティティーが戻るまで、非常に不安定な状態が長く続きましたが、その後、2年間の療養生活を送りながら、自分自身を見つめ直し、内面を探る作業を続けた結果、これまでの価値観とは大きく異なるものの見方、考え方を自分の中に取り入れ、実践することができるようになりました。

 人生は、実は、すごくシンプルにできているのだと思います。心から望むことの実現は誰にでもできます。自分が思っているよりも、細胞レベルではもっともっと素晴らしい可能性に満ちあふれています。こうした気づきへの学びを深めることに自らも精進しつつ、”本当のあなたはもっと凄い!”を伝え、心から望む人生、ありたい自分、を生きたい!と願う人のサポートをさせていただくことに歓びを感じています。





◇ 将来の夢

 自然の中に住み、毎日、朝日と夕日を拝んで1日をリセットしながら暮らすこと♪

 魂に響くコト、モノを提供できるようになること♪

 その人ならではの輝きを発している人の姿と想いを数多く記録し、多くの人に届けること♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。