FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく・・

2012.08.22 21:19|気づきと学び
北軽井沢 テラス

 北軽井沢で過ごした夏休み12日間を終えて、昨日帰宅した。
 中休み2日間を挟んでのワークショップ第二弾は【Mind Detox Basic vol.2】心のデトックス・人生の滞りを解放する〜表現アート・リリーステクニック講座(実践編)。

 前半に参加させていただいたVol.1の最後で、よしっリリースするぞ〜!とやる気になった私(笑)
 中休み中も、一人でリリース・テクニックを使って解放に取り組むことに挑戦♪
 前半5日間を通じて、余計なことを考えず、とにかくリリースし続けるだけでも充分におこなう価値がある、と理解したので、まずはテクニックを完全に自分のものにしよう!と、”大きな解放をしたい”などという大それたことは求めず(笑)、淡々とリリース・テクニックを繰り返した。といっても、すぐに飽きてしまったので、長い時間はできなかったけど(^^;)

 後半のVol.2では、さらに深いところに行けるといいな〜という淡い期待はあったものの、いったいどんなところにたどり着くことができ、どんな気づきを得ることができるのか、いつもながら全く未知数のまま、新たなメンバーとともに、ワークショップはスタートした。

 2日目の夜、ある気づきがあった。
 「恐れ」を取り扱ったワークの中で、自分自身が「恐れ」を感じていると自覚している事のイメージを絵で表現し、そのひとつひとつを取り上げ、「○○だと何が(どうして)怖いのか?」という質問を繰り返しおこなって深いところにあるものを探っていったところ ワーク自体が終わったあとも、すべての絵について掘り下げることを完了するまで一人ねばって実施(笑)・・・ 
 思いもかけないところに行き着いた。それも、すべて同じところに。

 それは・・”虚しさ”だった。
 2年前の6月、病院に入院したときにイヤという程味わった感覚・・私はあのときの感覚を、”虚しさ”をずっと恐れていたのか・・!!

 それまで、あのときのあの感覚を、自分がそれ程恐れているとは、まったく認識していなかった。
 気づかずにいたのは、あの感覚を二度と感じたくない!!という強烈な恐れが、しっかりとそこに向き合うことをブロックしていたからだろう。

 観にいくこと自体を阻むほど、怖がっていたとは。。 
 衝撃だった。

 自分自身の魂に沿って生きない限り、一度克服できたとしても病は再発するだろう・・
 その思いと、いかに自分が自己一致していなかったかに気づいたときから、自分自身の内面を深く見つめたい、逃げずに正面から向き合う、と決心し、覚悟をもって、ひとつひとつのワークに参加してきた。
 向き合う勇気は持っている、と自負していただけに、自分の中に大きなブロックがあったことがショックだった。

 それでも・・ そこまでいくことができた喜びの方が大きかったのも事実。
 何故なら、この1年、自分では根底までたどり着いた、と感じている”観念”に何度も行き着きながら、それを別の観念で上書きすることができず、変わりたい!という渇望感と変われないことへの葛藤の状態が相も変わらず続くことに、もがき苦しんでいたから。

 やっと、観に行くことができた(^0^)

 気づいただけでも充分に大きなことだったのだけど、翌日さらに大きな経験をすることができた。
 前日に見つけた”虚しさ”を感じる恐れをリリース・テクニックを使って手放すことに挑戦したとき・・これまで体験したことがないことが起こった。

 病院で目にしていた光景とともに、そのときの感覚がありありと蘇り、内側からあふれるように涙がとめどなく流れ始めたのだ。

 表現アートセラピーでは、ありありと感じる、感じきる、ということを大切にしていて、ワーク中にも何度もでてくるのだけれど、私はたいていの場合、状態の認識から欲求を認識し、観念に気づく・・という流れをたどることが多く、通常はもっとも気づきやすく、最初はそこから入ることが多いといわれる”感情”が抜け落ちていることが多かった。
 現実に生活している中では、ちゃんと感じているとは思うのだけれど、リアルタイム以外で”感じて”といわれてもすんなり感じるのは難しいというか・・ 多分、あまりにも長いこと、感じることを抑圧してきたことも影響しているのだと思う。。
 
 今回初めて、”感じきる”ってこういうことをいっていたのか・・!と身体でわかった感じ。1年10ヶ月目にして、ようやく(笑)
 
 リアルな感覚とともに、頭に鳴り響いていた言葉も、ありありと蘇ってきた。
 私はこれまでに何も築いてこなかった、何も生み出してこなかった、誰とも親密な関係を築いてこなかったのだ。。
 その思いに打ちのめされ、いったい何をしてきたのか・・という虚しさが、心も身体も更にはそのまわりのエネルギー体をも包込み、空虚な穴の中に吸い込まれていく感じ。。

 何度やっても涙があふれ、涙がでなくなるまでやろう!とやり続けたら、20回ほど繰り返してようやく落ち着いた(笑)
 最初は、投げつけるように(^^;)手放していたのも、最後はそっと手放すことができるまでになった。

 すべての観念を掘り下げていった先にたどりついた、あの時の”虚しさ”を二度と感じたくない、という最大の恐れ・・そのことに気づくことができたことによって、癌の宣告を受けてから続けてきた身体への取り組み&数ヶ月遅れで始めた心への取り組みを、ようやく一区切りつけられるような気がしている。毎月の検診は引き続き、ちゃんと受けに行きます!(^。^)

 さらに最終日には、あらゆる感情や状態に対して、(その奥にある欲求に気づかせてくれて/サイレンをならしてくれて)”ありがとう”という気持ちが湧いてくるのを感じることができた。 一瞬だったけど(^。〜)、リアルに

 ”恐れ”や”悲しみ”の感情はこれからも何度も沸き上がってくるだろうけれど、これからは、”喜び”や”平安”といった感覚と同じように、有り難いものとして受け取ることができると思うから、それらを”感じたくないっ!!”と無意識のうちに見えないところに押しやって観ないようにする、なんてことはもう起こさずにすむだろう。と信じたい(笑)、いや、信じよう!

 みんなで食べたアイスキャンデーやかき氷、星空の下での花火大会♪ 楽しかった夏休みの思い出とともに、すべてを手放して、新たな一瞬一瞬を進んでいきたいと思う。

 これまでの出来事すべて、関わってくれた人々すべてのおかげでここまでくる事ができました。
 ありがとう。

 心からの感謝をこめて☆

 
 
| 2019.04 |
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

yukikosato☆

Author:yukikosato☆
 はじめまして。
 本来の自分を生きたいあなたを応援する、ハピネス・プロセス案内人♪人生の転機応援ナビゲーターの佐藤 由紀子です。

 何かを変えたい、自分の可能性を試したい、もっと成長したい!
そう思うことはありませんか?

 私はセミナー・コンサルティング・個別セッション・ワークショップ等を通じて、自分らしさを発揮しありたい自分を生きたいと願う人が、望む人生を実現するのを応援しています。なぜ、この仕事を始めたかといいますと・・・元々、社会人となって20年余り、ホスピタリティと人材開発の分野でキャリアを積み、人の可能性を信じてきました。しかし、私が初めて本当に、人が本来もっている力の偉大さを感じたのは、進行がんの宣告を受け、治療を受けているときでした。

 進行がんの治療で抗がん剤を投与する選択をしました。抗がん剤は、正常な細胞にとっては、毒・・それも、一気に大打撃を受けてしまう猛毒です。何度も投与されると、細胞そのものが弱ってきてしまい、だんだんと、数が増えてくるスピードが遅くなってきます。そうなると、生命を維持するのに欠かせない内蔵の機能を守る為に、身体の末端である手足の神経を麻痺させてでも、細胞は命を存続しようと努めます。そんな状況になっても、さらに時間がかかるようになっても、白血球の数は必ずまた増えてくる・・・。

 人間だったら、何度がんばって戻しても、また叩きのめされてやられてしまう・・・となったら、そのうち嫌になってあきらめてしまうでしょうし、動物だって何度か経験して学習したらあきらめてやらなくなってしまうでしょう。ですが、細胞は違うのです。細胞は、決して、あきらめるということがありません。細胞は、私が死ぬ瞬間まで、全力で修復に向かう、最後の一瞬まで私の味方なのだ、と痛感しました。この経験を経て、人間の細胞の凄さを体感し、その計り知れない存在に畏敬の念を抱くとともに、人が本来もっている力と可能性が無限であることを確信しました。



 この体験は、それまでの生き方を全否定し、自分はいったい何をしていたのだろう・・という、自己否定と自分を責める気持ちばかりが溢れていた私に勇気をくれました。もちろん一度崩れたアイデンティティーが戻るまで、非常に不安定な状態が長く続きましたが、その後、2年間の療養生活を送りながら、自分自身を見つめ直し、内面を探る作業を続けた結果、これまでの価値観とは大きく異なるものの見方、考え方を自分の中に取り入れ、実践することができるようになりました。

 人生は、実は、すごくシンプルにできているのだと思います。心から望むことの実現は誰にでもできます。自分が思っているよりも、細胞レベルではもっともっと素晴らしい可能性に満ちあふれています。こうした気づきへの学びを深めることに自らも精進しつつ、”本当のあなたはもっと凄い!”を伝え、心から望む人生、ありたい自分、を生きたい!と願う人のサポートをさせていただくことに歓びを感じています。





◇ 将来の夢

 自然の中に住み、毎日、朝日と夕日を拝んで1日をリセットしながら暮らすこと♪

 魂に響くコト、モノを提供できるようになること♪

 その人ならではの輝きを発している人の姿と想いを数多く記録し、多くの人に届けること♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。