FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

So... training!(^0^)

2012.10.23 22:11|気づきと学び
秋の空

 週末、半年かけてじっくりとNLPを学ぶコースの初回に参加してきた。

 NLPという名称を初めて聞いたのは、かれこれ10年程前、総合商社のトレーニングチームで働いていた頃だった。
 日本語に直訳すると「神経言語プログラミング」といわれ、わかりにくいなーと感じたというのが正直なところだった(笑)けれど、概要を聴くにつれ、とても興味が湧いた。

 しかし、残念ながら当時は種々の事情により受講を断念。
 その後、NLPという名前が日本でもそこここで聞かれるようになるにつれ、目にする機会は増え・・ 日本の第一人者という方の一日講座を受けたり、NLPの手法の数々を取り入れた成功法則プログラムへの参加などを通じて、なんとなくNLPに触れつつもきちんと学んだことはない状態が今日まで続いていた。

 そこに、信頼するファシリテーターである知人から、日本で一般的に提供されている短縮版でない、海外のものをベースにしたNLP講座を開催するという案内が届いたのが数ヶ月前。
 ピン!ときて申し込み、今回、初めて名前を耳にしてから10年を経てのスタートとなった。

 受講を決めた理由のひとつは、以前にタスマニア人のトレーナーから、海外で一般的におこなわれているフルコースのNLP講座に参加するといい!と強く薦められたことが頭の片隅に残っていたこと、そしてもうひとつは、連絡をくださったファシリテーターのお人柄と学びの深さを信頼していたから♪

 類は友を呼ぶ、という言葉があるけれど、その言葉に違わず、本当に素敵な仲間達と出会うことができた。
 そういう人たちが集まっている部屋の「氣」は当然よくて、その部屋に一日いること自体が心地よい感じだった。(^0^)
 初日の夜におこなわれた懇親会も、初対面とは思えないほど盛り上がり、とても楽しいひとときを過ごさせていただき・・・このような出逢いをもたらしてくださった宇宙のお取り計らいと自分の強運(^。^)に心から感謝♪

 最初に、学ぶ目的を尋ねられ、スルリと口からでた言葉は・・
 「インナーチャイルドとのコミュニケーション力を高めるため」だった。

 そうだったのか・・!!(笑)
 口にして初めて自覚したけれど、さもありなん。。
 
 今月初めの北軽井沢での合宿ワークショップにて、ネガティブ・ペアレントを一掃すればよいのだ、その力は自分の中にあるのだ、ということにようやく気づけた私。
 あと残る課題は、インナーチャイルドとの対話だったから。。 こうなるとは当然ながら認識していなかった。無意識ってすごい!

 自身とのコミュニケーション。
 7年前に出会っていたある言葉の本当の意味にようやく触れ、その言葉の意味するところの入り口にようやく立つことができたような気がした。

 その言葉とは・・
 The quality of my life is the quality of my personal communication. ー Anthony Robbins
(私の人生の質は、私の個人的コミュニケーションの質による)
 
 2日間の中でいろいろ感じたことはあったけれど、印象的だったもののひとつは、「より幅広く柔軟性のあるものが、周りのシステムに最も影響のあるものになる」という解釈だった。

 なるほど〜! これまで出会った尊敬する上司や先生は、皆さんそうだったなーと納得、合点がいった感じ(^^)
 ”柔軟性”という言葉がとても新鮮だった。
 
 今までは、コミュニケーション能力に長けている、という捉え方でしかなかったし、どちらかというと、この方々のもっている芯の強さのようなものにフォーカスがいっていたけれど・・ 周りの人への対応というところにポイントを置けば、極めて”柔軟性”のある行動をとられていたよなぁ・・ 
 だからこそ、その人から伝えられる最終結論はそれぞれの意見と異なるものだったとしても、多くの人が納得感をもってそれを受け入れることができる、という現象を生み出すことができていたのだろう。
 
 そうか、ポイントは「柔軟性」だったのか!! 私にとっては、ちょっとした発見だった(*^。^*)

 NLPの印象は、とてつもなく大きくて深みのある怪物のような感じ・・もっと楽しいイメージでいうなら、なんでもありのディズニーランドみたいな感じかな。
 これまでにさまざまなワークショップやセミナーで学んできたことの大概のものは入っているような気がするから、それらを自身の中で整理し、統合するにはうってつけのプログラムなのかもしれない。。

 ”3つのプロセス”という考え方も、そのひとつ。
 「外的行動」を変える、というのが、身体のポジションや表情を変えることによって影響を与えるという手法にあたるし、「内的状態」を変える、というのが、いわゆるリリース・テクニックにあたり、「内的表象」を変える、というのが、観念を書き換えるということにあたるのだなぁーと整理することができた。

 それらが平等に影響しあう図にまとめられていることによって、そのどこからアプローチしてもいいのだ!ということを思い出させてもらうことができた気がしている。
 ついつい、「内的表象」である観念の書き換えを、もっとも難しいものとして捉えてしまいつつあったことに気づかされた。
 何かのきっかけで、一瞬にして書き変わることだってあるのにね!

 いずれにしても、日常で使いこなせてこそ意味のあるものたち(笑)ばかり・・
 この半年は、これらを真に自分のものにし(使いこなせるようになり)、統合する(無意識レベルでマスターする!)ための期間にしたいと思う。 あー 宣言しちゃった(^^;)

 つまり、trainingあるのみ!ということかぁ・・ デッサンと同じだ・・何事も・・!なのね。。(^。^)
| 2019.01 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

yukikosato☆

Author:yukikosato☆
 はじめまして。
 本来の自分を生きたいあなたを応援する、ハピネス・プロセス案内人♪人生の転機応援ナビゲーターの佐藤 由紀子です。

 何かを変えたい、自分の可能性を試したい、もっと成長したい!
そう思うことはありませんか?

 私はセミナー・コンサルティング・個別セッション・ワークショップ等を通じて、自分らしさを発揮しありたい自分を生きたいと願う人が、望む人生を実現するのを応援しています。なぜ、この仕事を始めたかといいますと・・・元々、社会人となって20年余り、ホスピタリティと人材開発の分野でキャリアを積み、人の可能性を信じてきました。しかし、私が初めて本当に、人が本来もっている力の偉大さを感じたのは、進行がんの宣告を受け、治療を受けているときでした。

 進行がんの治療で抗がん剤を投与する選択をしました。抗がん剤は、正常な細胞にとっては、毒・・それも、一気に大打撃を受けてしまう猛毒です。何度も投与されると、細胞そのものが弱ってきてしまい、だんだんと、数が増えてくるスピードが遅くなってきます。そうなると、生命を維持するのに欠かせない内蔵の機能を守る為に、身体の末端である手足の神経を麻痺させてでも、細胞は命を存続しようと努めます。そんな状況になっても、さらに時間がかかるようになっても、白血球の数は必ずまた増えてくる・・・。

 人間だったら、何度がんばって戻しても、また叩きのめされてやられてしまう・・・となったら、そのうち嫌になってあきらめてしまうでしょうし、動物だって何度か経験して学習したらあきらめてやらなくなってしまうでしょう。ですが、細胞は違うのです。細胞は、決して、あきらめるということがありません。細胞は、私が死ぬ瞬間まで、全力で修復に向かう、最後の一瞬まで私の味方なのだ、と痛感しました。この経験を経て、人間の細胞の凄さを体感し、その計り知れない存在に畏敬の念を抱くとともに、人が本来もっている力と可能性が無限であることを確信しました。



 この体験は、それまでの生き方を全否定し、自分はいったい何をしていたのだろう・・という、自己否定と自分を責める気持ちばかりが溢れていた私に勇気をくれました。もちろん一度崩れたアイデンティティーが戻るまで、非常に不安定な状態が長く続きましたが、その後、2年間の療養生活を送りながら、自分自身を見つめ直し、内面を探る作業を続けた結果、これまでの価値観とは大きく異なるものの見方、考え方を自分の中に取り入れ、実践することができるようになりました。

 人生は、実は、すごくシンプルにできているのだと思います。心から望むことの実現は誰にでもできます。自分が思っているよりも、細胞レベルではもっともっと素晴らしい可能性に満ちあふれています。こうした気づきへの学びを深めることに自らも精進しつつ、”本当のあなたはもっと凄い!”を伝え、心から望む人生、ありたい自分、を生きたい!と願う人のサポートをさせていただくことに歓びを感じています。





◇ 将来の夢

 自然の中に住み、毎日、朝日と夕日を拝んで1日をリセットしながら暮らすこと♪

 魂に響くコト、モノを提供できるようになること♪

 その人ならではの輝きを発している人の姿と想いを数多く記録し、多くの人に届けること♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。