FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dialogue in the Dark

2012.11.30 23:50|気づきと学び
Dialogue in the Dark

 友人に誘われ、Dialogue in the Darkのビジネスワークショップ*ストーリー編という体験型研修プログラムに参加させていただいた。

 Dialogue in the Dark自体は、8〜9年程前に体験したことがあって、とても印象的な体験だったのでまた体験してみたかった!という純粋な思い + 今回はビジネス研修用に構成されたプログラム、というところにも興味を惹かれた。

 前回の体験で暗闇の中に入ったときは、何も見えないことに不安を感じ、常日頃、いかに視力に頼って生活しているかを思い知らされた。

 今回は、不思議なことに、そのときに感じたような不安は全く感じることはなかった。
 最初に感じたのは・・ 明るい場所でお顔がみえていたときには、初対面ならではの緊張感が漂っていた7名だったのに、暗闇に入った瞬間に、ふっと親近感がわき、とても近い存在になったということ。

 かすかに何かが見えるということも全くない、本当の真っ暗闇なので、一緒に進む7名の仲間が頼り、とそれぞれが思うからか、仲間意識が一瞬にして芽生えるのがおもしろいところで、急に親近感が増す背景としては、それがもっとも大きいのかもしれない。

 互いに何もみえないから、何かをいうときは自分の名前をいってから発言するし、誰に話しかけているのかわかるよう、相手の名前を呼んでから発言する。
 暗闇は自然と、周囲の人への気遣いを増し、言葉によるコミュニケーションを丁寧にする。

 もうひとつ、興味深かったのは、暗闇だと素に戻りやすいらしい、ということ。
 自分の中では、これが今回のもっとも大きな気づきだった。

 普段は役割がら、リーダーシップをとることも多いのだけれど、暗闇の中では、みんなの発言を聞いてから発言しようとする傾向があって、その状態をとても自然に、心地よいと感じている自分に気付いた。
 無理がまったくなくて、とても楽ちんな感じ♪(^0^)

 あれれ・・?普段、無理してるのかなぁ。。
 そんなつもりは全くないのだけど・・無意識に、がんばっているところがあるのかもしれない。

 そういえば、小さい頃の私の行動スタイルは、その暗闇の中でとった行動に近かったような気がする・・と思い出した。
 最初の会社でプロジェクトをご一緒させていただいた上司も、ずっとあとになって再会したとき、私の印象をそんな風に語ってくださっていたなぁ。。
 ってことは、小さい頃だけじゃなかった!?(笑)

 少しだけ身体に記憶が蘇った、あの心地よくて自然な感じを、忘れずにいたいと思う。
 そして、もしそれが私の自然な状態に近いのだとしたら、だんだんとそっちにむかって変化して(戻って ^。^*)いきたいな。

 暗闇が教えてくれること、気付かせてくれることは多い*
| 2019.04 |
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

yukikosato☆

Author:yukikosato☆
 はじめまして。
 本来の自分を生きたいあなたを応援する、ハピネス・プロセス案内人♪人生の転機応援ナビゲーターの佐藤 由紀子です。

 何かを変えたい、自分の可能性を試したい、もっと成長したい!
そう思うことはありませんか?

 私はセミナー・コンサルティング・個別セッション・ワークショップ等を通じて、自分らしさを発揮しありたい自分を生きたいと願う人が、望む人生を実現するのを応援しています。なぜ、この仕事を始めたかといいますと・・・元々、社会人となって20年余り、ホスピタリティと人材開発の分野でキャリアを積み、人の可能性を信じてきました。しかし、私が初めて本当に、人が本来もっている力の偉大さを感じたのは、進行がんの宣告を受け、治療を受けているときでした。

 進行がんの治療で抗がん剤を投与する選択をしました。抗がん剤は、正常な細胞にとっては、毒・・それも、一気に大打撃を受けてしまう猛毒です。何度も投与されると、細胞そのものが弱ってきてしまい、だんだんと、数が増えてくるスピードが遅くなってきます。そうなると、生命を維持するのに欠かせない内蔵の機能を守る為に、身体の末端である手足の神経を麻痺させてでも、細胞は命を存続しようと努めます。そんな状況になっても、さらに時間がかかるようになっても、白血球の数は必ずまた増えてくる・・・。

 人間だったら、何度がんばって戻しても、また叩きのめされてやられてしまう・・・となったら、そのうち嫌になってあきらめてしまうでしょうし、動物だって何度か経験して学習したらあきらめてやらなくなってしまうでしょう。ですが、細胞は違うのです。細胞は、決して、あきらめるということがありません。細胞は、私が死ぬ瞬間まで、全力で修復に向かう、最後の一瞬まで私の味方なのだ、と痛感しました。この経験を経て、人間の細胞の凄さを体感し、その計り知れない存在に畏敬の念を抱くとともに、人が本来もっている力と可能性が無限であることを確信しました。



 この体験は、それまでの生き方を全否定し、自分はいったい何をしていたのだろう・・という、自己否定と自分を責める気持ちばかりが溢れていた私に勇気をくれました。もちろん一度崩れたアイデンティティーが戻るまで、非常に不安定な状態が長く続きましたが、その後、2年間の療養生活を送りながら、自分自身を見つめ直し、内面を探る作業を続けた結果、これまでの価値観とは大きく異なるものの見方、考え方を自分の中に取り入れ、実践することができるようになりました。

 人生は、実は、すごくシンプルにできているのだと思います。心から望むことの実現は誰にでもできます。自分が思っているよりも、細胞レベルではもっともっと素晴らしい可能性に満ちあふれています。こうした気づきへの学びを深めることに自らも精進しつつ、”本当のあなたはもっと凄い!”を伝え、心から望む人生、ありたい自分、を生きたい!と願う人のサポートをさせていただくことに歓びを感じています。





◇ 将来の夢

 自然の中に住み、毎日、朝日と夕日を拝んで1日をリセットしながら暮らすこと♪

 魂に響くコト、モノを提供できるようになること♪

 その人ならではの輝きを発している人の姿と想いを数多く記録し、多くの人に届けること♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。