FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Birthday's sky♪

2013.01.21 23:12|感謝
誕生日の空

 誕生日に書く、始めてのブログだ!
 1年前はまだ、ブログを始めていなかったのだから当然だけど(笑)

 Facebookという便利なツールのおかげで、誕生日は、直接お会いできない方からもたくさんのメッセージをいただいて、それに返信することでつながることができる、とても有り難くて嬉しい日となった。
 メッセージをくださった皆様、本当にありがとうございます。

 午前中、この時期の特徴でもあるカラッと晴れ渡った青空の下、凛と冴え渡った空気を頬に感じながら、なぜか雰囲気が好きな南青山を、闊歩(笑)してみた。

 ショーウインドウに映る自分の姿が不思議に感じられる。
 この年齢の自分がどんな風になっているかなんて、まったく想像していなかったし、できなかったなーと、改めて思った。

 こんな風なんだー!という驚きは、恐らくこれからも毎年味わうことになるのだろうと思う(笑)
 わずか1年前には、これほど元気に颯爽と街を闊歩する自分の姿はまったく想像できなかったから、来年の今頃はどんな風になっているかなんて、やっぱり想像がつかない(^^)

 その方が面白いよね♪

 日々、いろいろなことを感じているのだけれど、毎日がハレの日の連続のようで刺激が多すぎるのか(^^;)、感じたことがすぐに流れていってしまう。
 もっとひとつひとつをじっくり味わいたい気もするので、そこがちょっと残念なところかなぁ。。

 ただ、時代はどんどん変化が早くなっているから、そこに乗っていくのも大切かもしれない。
 流れに乗りつつ、流されないこと。
 やったことはないのだけど(笑)、波乗りと一緒かなーと思う。

 まだ記憶に新しい、先週の出来事(のほんの一部;笑)を少し振り返ってみる。

 先週木曜日に、一日瞑想会に参加したときのこと。
 瞑想の合間にしてくださるレクチャーで、初めて知ったことがあった。

 それは・・グルとアチャリア(いずれもサンスクリット語)との違い。
 Yogaの世界でもよく耳にする「グル」は指導者、教師、導師、尊師などと訳されるが、本来は、私たちを啓発させてくれる人のことだけを「グル」と呼ぶのだそう。
 これに対し、教えを伝えてくれる人(一般的な指導者、教師)のことは「アチャリア」と呼び、「グル」とは明確に区別しているとのことだった。

 宇宙から教えを受け取り、それを私たちに伝えてくれる、ということそのものが普通の人にはできないことなので、崇め奉りたくなってしまうのだけれど、どんなにそのこと(役割)に優れた人であっても、”私たちを啓発させることができる人”でない限り、「グル」とは呼ばないのだそうだ。

 そして、もっとも印象的だったのは、教えを連綿と受け継いで伝えてきた全てのマスターたちが、その教えについて、
”自分がつくったものではない。自分は連綿と続く伝統の流れの一部である”
と語っていたという話だった。

 ちょっとしたことであっても、自分がつくった!自分がやった!といいたくなってしまう気持ちが沸き起こることがある私は、自分の未熟さをあらためて思い知らされた気がした。

 主張しなければ認められないだろう、認められないと困ったことになる、というような観念が生み出した”恐れ”が根底にあること、そしてそれは単なる自分の幻想にすぎないのだ、とわかっていても、そういう気持ちがまったく生み出されないという訳ではないのが、単純にはいかないところ(^^;)

 多くを知れば知る程、自分は何も知らない、という気持ちになり、謙虚になっていくという。
 ”恐れ”から生み出される気持ちが沸き起こっている間は、まだまだ、ということですね〜(ー。ー)

 日付が変わって、翌日の金曜日、”対話”を練習するグループで話をしていたときのこと。

 仲間の1人の発言が、長年の思い込みに別の切り口をみせてくれて、ふっと風を吹き込んでもらったような、有り難い出来事があった。

 自分にとって大切な存在と感じている人が、私の言動にあきれたりがっかりしたりするのを見るのは悲しい。
 そう感じさせてしまった原因はすべて自分にあり、私の側に問題があったからだ・・

 長いことずっとそう思ってきた。

 「それって、相手の人もゆきちゃんに対して”期待”している部分があったからだよね」

 あ、そっか。 
 もともと、こうあって欲しい(こういう人だろう or これくらいはできるだろう、という勝手なイメージング=思い込み(笑)も含めて)というものがあって、それが裏切られたからこそ、あきれたりがっかりしたりするのだものね。

 あきれたりがっかりする状態が引き起こされた要因は、相手の側にもあったということ。

 考えてみれば当然のことで、今まで何故気付かなかったのだろう・・・?と思うようなことなのだけれど・・
 気付かなかった(ーー;)

 それだけ、その出来事に対する私の思い込み(原因はすべて自分の側にある)が強かったということだろう。
 とにかく、私にとっては目からウロコの指摘で、一気にみえる世界が変わったような、とても有り難い一言だった。

 人と人との関係性において、どちらかだけに原因があるということは、恐らく、ない。
 相手に対して何かを感じる要因はまさしく自分の中にあるから。

 出会う人は、すべて自分の鏡写しなんだなぁ。。
 そう思うと、ご縁ある全ての人が有り難い存在に感じられる(笑)

 確かにそう感じる一方で、自分の感情が逆撫でされるような状況においては、平静ではいられない現実があったりするけれど(@。@)

 そんなとき、頭ではわかってるけど・・とつい、言い訳しがちなのも、
「知行合一(ちこうごういつ)」(できていないことは知っていないこと。知っていないならできていない。)
という言葉の前では、未熟であるということをさらに露呈してしまう(汗)だけで、我ながら痛々しい。。

 まだまだ伸びしろがたくさんある=これからの変化が楽しみ!(^0^)と思って、新しい年齢の(人生でたった一度の)一年、ひとつ一つの出会い、ひとつ一つの出来事、一日一日を大切に、ちゃんと味わいながら生きていきた
いと思います。
 皆様、これからもどうぞよろしくお願いします☆
 
| 2019.04 |
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

yukikosato☆

Author:yukikosato☆
 はじめまして。
 本来の自分を生きたいあなたを応援する、ハピネス・プロセス案内人♪人生の転機応援ナビゲーターの佐藤 由紀子です。

 何かを変えたい、自分の可能性を試したい、もっと成長したい!
そう思うことはありませんか?

 私はセミナー・コンサルティング・個別セッション・ワークショップ等を通じて、自分らしさを発揮しありたい自分を生きたいと願う人が、望む人生を実現するのを応援しています。なぜ、この仕事を始めたかといいますと・・・元々、社会人となって20年余り、ホスピタリティと人材開発の分野でキャリアを積み、人の可能性を信じてきました。しかし、私が初めて本当に、人が本来もっている力の偉大さを感じたのは、進行がんの宣告を受け、治療を受けているときでした。

 進行がんの治療で抗がん剤を投与する選択をしました。抗がん剤は、正常な細胞にとっては、毒・・それも、一気に大打撃を受けてしまう猛毒です。何度も投与されると、細胞そのものが弱ってきてしまい、だんだんと、数が増えてくるスピードが遅くなってきます。そうなると、生命を維持するのに欠かせない内蔵の機能を守る為に、身体の末端である手足の神経を麻痺させてでも、細胞は命を存続しようと努めます。そんな状況になっても、さらに時間がかかるようになっても、白血球の数は必ずまた増えてくる・・・。

 人間だったら、何度がんばって戻しても、また叩きのめされてやられてしまう・・・となったら、そのうち嫌になってあきらめてしまうでしょうし、動物だって何度か経験して学習したらあきらめてやらなくなってしまうでしょう。ですが、細胞は違うのです。細胞は、決して、あきらめるということがありません。細胞は、私が死ぬ瞬間まで、全力で修復に向かう、最後の一瞬まで私の味方なのだ、と痛感しました。この経験を経て、人間の細胞の凄さを体感し、その計り知れない存在に畏敬の念を抱くとともに、人が本来もっている力と可能性が無限であることを確信しました。



 この体験は、それまでの生き方を全否定し、自分はいったい何をしていたのだろう・・という、自己否定と自分を責める気持ちばかりが溢れていた私に勇気をくれました。もちろん一度崩れたアイデンティティーが戻るまで、非常に不安定な状態が長く続きましたが、その後、2年間の療養生活を送りながら、自分自身を見つめ直し、内面を探る作業を続けた結果、これまでの価値観とは大きく異なるものの見方、考え方を自分の中に取り入れ、実践することができるようになりました。

 人生は、実は、すごくシンプルにできているのだと思います。心から望むことの実現は誰にでもできます。自分が思っているよりも、細胞レベルではもっともっと素晴らしい可能性に満ちあふれています。こうした気づきへの学びを深めることに自らも精進しつつ、”本当のあなたはもっと凄い!”を伝え、心から望む人生、ありたい自分、を生きたい!と願う人のサポートをさせていただくことに歓びを感じています。





◇ 将来の夢

 自然の中に住み、毎日、朝日と夕日を拝んで1日をリセットしながら暮らすこと♪

 魂に響くコト、モノを提供できるようになること♪

 その人ならではの輝きを発している人の姿と想いを数多く記録し、多くの人に届けること♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。